腰痛の辛い症状を改善|ぎっくり腰は予防が大切

病院

痛み改善の治療

	看護師

腰痛がある場合には、他の病気の可能性があるため検査設備の整った医療機関を受診することが大切です。スポーツをする方は、循環器の病気の可能性があるため注意が必要となります。幅広い診療が出来る行徳の病院では、在宅医療や各種教室を提供しており人気です。

» 詳細へ

睡眠時に呼吸が止まる症状

自然

睡眠時無呼吸症候群は睡眠時に呼吸が止まってしまう症状があり、いびきが大きいことも特徴です。こういった症状の理由が気道が狭かったり、扁桃が肥大してることで起きやすくなるので、睡眠や体の影響も考えられます。状態を改善していくには、専門の病院で指導されるダイエットや手術で効果を出していくことができます。

» 詳細へ

腰の痛みの原因は多い

	医者

骨や筋肉の痛みは多い

腰痛にはいろいろな原因がありますが、特に多いのは腰の骨や筋肉の痛みや炎症で、我慢できないほどの痛みを感じることが多いです。腰痛の中で一番多いのはぎっくり腰で、日常の何気ない動作が原因になって起こることがあります。例えば、椅子から立ち上がろうとした時に腰に鋭い痛みを感じます。ぎっくり腰の原因はいくつかありますが、腰の筋肉がダメージを受けたことによって起こることが特に多いです。椎間板ヘルニアも腰痛の原因になりやすく、この病気は背骨の椎間板が骨の間からはみ出して、その近くを通っている神経を圧迫して起こります。これらの腰痛は痛みが強くて、日常生活ができなくなることもありますが、病院に行って適切な治療を受けると必ず良くなります。

痛いときは安静にする

腰痛が起こった時はできるだけ安静にしておくことが大切で、ほとんどの急性の腰痛は安静にしていると痛みが薄らいできます。歩くのが難しいような腰痛が起こったら、できる限り自宅で安静にしておきましょう。安静にしていて、痛みが小さくなってきたら病院に行くようにします。特に病院に行った方が良いのは、腰の痛みの他に足の痺れがある場合です。足の痺れがある場合は、椎間板ヘルニアの可能性があります。椎間板ヘルニアは飛び出した椎間板がその近くを通っている神経を圧迫するので、足が痺れることがあります。ヘルニアの場合は重症だったり、強い痛みがとれない時は手術をしなければならないことがあるので、念のために病院に行って検査を受けた方が安心です。

骨の腫瘍内容

	女性

体を支えている骨はとても大事な機関と言えます。そのため、骨もいたわる必要があります。そんな骨に対して起きる問題が骨肉腫です。これは骨自体に腫瘍が出来てしまうため治療を必要とし、また何より早期発見が求められます。

» 詳細へ